三国温泉

神の島、雄島を独り占めできる展望風呂

三国温泉

三国温泉は、福井県坂井市三国町にある温泉と、東尋坊温泉を含む温泉郷の総称です。
それぞれ独立した源泉であるため、「東尋坊温泉」と呼ばれたり、旧・三国町内に主な源泉が3ヶ所に分散しているため、
「三国温泉郷」と呼ばれたりしております。
それぞれの源泉は泉質が異なるので、是非比べてみてください。

源泉別の泉質

東尋坊温泉(緑ヶ丘地区)
・単純温泉(低張性アルカリ性低温泉) 源泉温度約29度
三国温泉1号泉(宿地区)
・ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫黄塩温泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉) 源泉温度約66度

おおとく

三国温泉4号泉(安島地区)
・ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(等張性・中性・高温泉) 源泉温度約56度

温泉成分

源泉名三国温泉4号井
泉質ナトリウム・カルシウム・塩化物質(等張性中性高温泉)
泉温源泉62・8℃

温泉の成分(試料1kg中の成分、分量)

陽イオン陰イオン
リチウムイオン0.2フッ素イオン1.8
ナトリウムイオン2235.0塩素イオン4537.0
カリウムイオン25.9硫酸イオン1017.0
マグネシウムイオン8.7炭酸水素イオン24.4
カルシウムイオン1149.0炭酸イオン < 0.1
ストロンチウムイオン23.0臭素イオン13.1
アルミニウムイオン0.1ヨウ素イオン< 0.1
マンガンイオン0.2チオ硫酸イオン< 0.1
バリウムイオン0.1硫化水素イオン< 0.1
総鉄イオン1.0ヒドロリン酸イオン< 0.1
アンモニウムイオン0.4水酸化物イオン< 0.1
亜鉛イオン< 0.1銅イオン< 0.1
浴用の禁忌症急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、
その他一般に病勢進行中の疾患、 妊娠中(とくに初期と末期)
浴用の適応性神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、
健康増進、切り傷、やけど、間慢性皮膚病、虚弱体質、慢性婦人病